Androidアプリのセキュリティチェックはsecroid(セキュロイド)

期間限定だけは消しちゃいけない。

Android Pay

このアプリに潜むリスク

連絡先を外部に送信している可能性
連絡先情報を利用します
    • 目的:不明
    • 送信先:
登録された名前を利用します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
連絡先のメールアドレスを利用します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
SDカードの内容を読んでいます
SDカードの読み込み
    • 目的:通信
    • 送信先:OKHTTP
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
電話番号を外部に送信している可能性
電話番号を利用します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
コマンドを実行します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
Googleアカウントの利用
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
アカウントの利用
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
バックグラウンドで動作します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
カメラを使用します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
GPSでの詳細な位置情報(精度:10m~300m)
GPSによりアプリケーションの動作位置を調べられるため、自宅などの位置を知られてしまうことになります。
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
ユーザ識別情報を外部に送信している
端末識別番号(IMEI)
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
Android_ID
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
キャリア識別子(MCC/MNC)
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
通知領域を利用します
通知領域にメッセージを表示します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
広告
個別識別子を作成します。
広告用IDを利用します。
URLを生成しています
URLを生成して情報を送信又は受信します
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
レシーバを登録します
    • 目的:不明
    • 送信先:
    • 目的:不明
    • 送信先:
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
ファイルを読んでいます
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
個別識別子を作成します。
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:

アプリ画像

このアプリは、以下で紹介されました。

DESCRIPTION

• Android Pay は Google が提供する Android スマートフォン向けのデジタルウォレットサービスです。スマートフォン上で利用したい電子マネーを登録したら、クレジットカードもしくはデビットカードでチャージをすれば、すぐにお支払をすることができます。
• いつものお店で、Android Pay を使ってみましょう。利用したい電子マネーをお店の人に伝えて、あとはスマートフォンをかざすだけ。
• 現在 Android Pay に対応している電子マネーはこちら (https://goo.gl/eowkkI) で確認いただけます。対応する電子マネーは今後拡大予定。
• おサイフケータイに対応したスマートフォンAndroid OS 4.4 KitKatよりも新しい OS のスマートフォンであれば Android Pay をご利用いただけます。
• Android Pay の詳細については support.google.com/androidpay をご覧ください。
もっと読む

ユーザーレビュー

平均評価:high

アクセス許可

このアプリは下記にアクセスする場合があります。

NFCの管理
NFCタグ、カード、リーダーとの通信をアプリケーションに許可します。
同期統計の読み取り
同期に関する統計情報(同期履歴など)の読み取りをアプリに許可します。
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USBストレージへの読み取りをアプリに許可します。
起動時に自動的に開始
システムの起動後すぐ自動的に起動することをアプリに許可します。許可すると、携帯端末の起動時間が長くなったり、アプリが常に実行されるために携帯端末全体の動作が遅くなったりする可能性があります。
システム設定の書き込み
携帯端末にシステム設定情報の書き込みを許可します。
連絡先データの読み取り
携帯端末に保存されているすべての連絡先(アドレス)データの読み取りをアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、データが他人に送信される恐れがあります。
既知のアカウントの取得
携帯端末で認識済みのアカウントリストを取得することをアプリに許可します。
画像と動画の撮影
カメラでの画像と動画の撮影をアプリに許可します。許可すると、アプリではカメラがとらえている画像をいつでも収集できるようになります。
アカウントの認証情報を使用
認証トークンのリクエストをアプリに許可します。
同期設定の書き込み
同期設定(連絡帳アプリの同期が有効かどうかなど)の変更をアプリに許可します。
プロフィールデータの読み取り
端末に保存されている個人のプロフィール情報(名前、連絡先情報など)を読み取ることをアプリに許可します。許可すると、アプリではユーザーの身元を特定したりプロフィール情報を第三者に転送したりできるようになります。
精細な位置情報(GPS)
携帯端末上で正確な現在地を特定できる情報源(GPSなど)を利用できる場合は、その情報源にアクセスします。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、ユーザーの現在地が特定される恐れに加え、電池の消費量が増える恐れがあります。
同期設定の読み取り
同期設定(連絡帳アプリの同期が有効かどうかなど)の読み取りをアプリに許可します。
USB ストレージのコンテンツの変更/削除、SD カードのコンテンツの変更/削除
USBストレージへの書き込みをアプリに許可します。SDカードへの書き込みをアプリに許可します。
WI-FI 状態の表示
Wi-Fiの状態に関する情報の表示をアプリに許可します。
完全なインターネット アクセス
ネットワークソケットの作成をアプリに許可します。
端末のステータスと ID の読み取り
端末の電話機能へのアクセスをアプリに許可します。許可すると、アプリではこの携帯端末の電話番号やシリアル番号、通話中かどうか、通話相手の電話番号などを特定できるようになります。
ネットワーク状態の表示
すべてのネットワーク状態の表示をアプリに許可します。
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
携帯端末のおおよその現在地を特定できる情報源(セルラーネットワークデータベースなど)がある場合は、その情報源にアクセスします。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、おおまかなユーザーの現在地が特定される恐れがあります。
バイブレーション制御
バイブレーションの制御をアプリに許可します。
FLASHLIGHT
タブレットのスリープの無効化 携帯端末のスリープの無効化
ブレットのスリープを無効にすることをアプリに許可します。携帯端末のスリープを無効にすることをアプリに許可します。
BIND_NFC_SERVICE
もっと読む

関連アプリ

基本情報