Androidアプリのセキュリティチェックはsecroid(セキュロイド)

スマホの価値はアプリの数!

WhatsApp Messenger

このアプリに潜むリスク

連絡先を外部に送信している可能性
連絡先の電話番号を利用します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
連絡先情報を利用します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
インストールされているアプリの一覧の送信
メッセージの読み取り
SMS/MMSのメッセージを読み取ります
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
SDカードの内容を読んでいます
SDカードの読み込み
    • 目的:不明
    • 送信先:
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
電話番号を外部に送信している可能性
電話番号を利用します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
コマンドを実行します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
録音機能の利用
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
アカウントの利用
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
パスワードを利用します
    • 目的:不明
    • 送信先:
    • 目的:不明
    • 送信先:
カメラを使用します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
バックグラウンドで動作します
    • 目的:不明
    • 送信先:
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
GPSでの詳細な位置情報(精度:10m~300m)
GPSによりアプリケーションの動作位置を調べられるため、自宅などの位置を知られてしまうことになります。
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
ユーザ識別情報を外部に送信している
加入者識別情報(IMSI)
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
端末識別番号(IMEI)
Android_ID
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
キャリア識別子(MCC/MNC)
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
通知領域を利用します
通知領域にメッセージを表示します
SNS連携機能
URLを生成しています
URLを生成して情報を送信又は受信します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
レシーバを登録します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
ファイルを読んでいます
    • 目的:不明
    • 送信先:
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
個別識別子を作成します。
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:

アプリ画像

このアプリは、以下で紹介されました。

DESCRIPTION

WhatsAppメッセンジャーは、Androidやその他スマートフォンで利用可能な無料メッセージアプリです。WhatsAppでは携帯電話のインターネット通信(利用環境により4G/3G/2G/EDGEまたはWi-Fi)を使ってご家族やご友人へのメッセージ送信や電話が可能です。SMSからWhatsAppに切り替えて、メッセージ、電話、写真、動画、ドキュメント、さらにはボイスメッセージを送り合ってみませんか。

WhatsAppを使うメリット:

• 無料:WhatsAppは携帯電話のインターネット通信(利用環境により4G/3G/2G/EDGEまたはWi-Fi)を使ってご家族やご友人にメッセージを送ったり電話をかけたりできるので、メッセージや通話ごとに支払う必要がありません。* また、WhatsAppを使用するための登録料も不要です。

• マルチメディア:写真、動画、ドキュメント、ボイスメッセージを送受信。

•無料通話:国内外問わず、WhatsAppを利用しているご家族やご友人と無料で通話。* WhatsAppは、通話料がかかってしまうモバイル通信プランではなくインターネット通信を使用します。*(注:データ通信料がかかることがあります。詳しくはご利用のプロバイダにご確認ください。また、WhatsAppを使って110番などの緊急通報用電話番号にかけることはできません。)

• グループチャット:グループチャットを活用してご家族やご友人との連絡を密に。

• WhatsApp Web:パソコンのブラウザでもさくさくとメッセージの送受信。

•国際料金なし:国境を越えてメッセージを送信しても追加料金はかかりません。WhatsAppを使って世界中のご友人とおしゃべりし、SMS国際料金を回避しましょう。*

• ユーザーネームやPINは不要:覚えておくユーザーネームやPINがまた一つ増えるのは嫌ですよね。WhatsAppはSMSのように電話番号に紐付いていて、端末に既存する連絡先とスムーズに連動します。

•常時ログイン中:WhatsAppでは常にログインしたままなので、受信を見逃すことはありません。自分がログインしているのかしていないのか混乱することはありません。

• すぐに連絡先に接続:端末のアドレス帳をもとに、WhatsAppを利用中の連絡先に即座にかつ簡単につながるので、複雑なユーザーネームを入力する必要はありません。

• オフラインメッセージ:通知を見逃したり、端末の電源を切ったりしても、WhatsAppは次回の使用時まで最新の受信を保存してくれます。

• その他の機能も盛りだくさん:位置情報の共有、連絡先の交換、壁紙や通知音をカスタマイズ、チャット履歴をメールで送信、複数の連絡先に一斉送信、など。

*データ通信料がかかることがあります。詳しくはご利用のプロバイダにご確認ください。

---------------------------------------------------------
いつでも皆様のお声をお待ちしております!フィードバック、ご質問、問題等がございましたら、こちらにご連絡ください:

android-support@whatsapp.com

または、twitterでフォローしてください:

http://twitter.com/WhatsApp
@WhatsApp
---------------------------------------------------------

もっと読む

ユーザーレビュー

平均評価:high

アクセス許可

このアプリは下記にアクセスする場合があります。

NFCの管理
NFCタグ、カード、リーダーとの通信をアプリケーションに許可します。
同期統計の読み取り
同期に関する統計情報(同期履歴など)の読み取りをアプリに許可します。
アカウント認証システムとして機能
AccountManagerのアカウント認証機能(アカウントの作成、パスワードの取得/設定など)を使用することをアプリに許可します。
SMS の受信
SMSメッセージの受信と処理をアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、メッセージが監視されたり、表示されずに削除されたりする恐れがあります。
起動時に自動的に開始
システムの起動後すぐ自動的に起動することをアプリに許可します。許可すると、携帯端末の起動時間が長くなったり、アプリが常に実行されるために携帯端末全体の動作が遅くなったりする可能性があります。
実行中のアプリの取得
現在実行中のタスクまたは最近実行したタスクに関する情報の取得をアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、他のアプリに関する非公開情報が読み取られる恐れがあります。
既知のアカウントの取得
携帯端末で認識済みのアカウントリストを取得することをアプリに許可します。
連絡先データの書き込み
携帯端末に保存されている連絡先(アドレス)データの変更をアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、連絡先データが消去または変更される恐れがあります。
画像と動画の撮影
カメラでの画像と動画の撮影をアプリに許可します。許可すると、アプリではカメラがとらえている画像をいつでも収集できるようになります。
WiFi状態の変更
Wi-Fiアクセスポイントへの接続/切断、設定済みのWi-Fiネットワークの変更をアプリに許可します。
録音
録音した音声のパスにアクセスすることをアプリに許可します。
プロフィールデータの読み取り
端末に保存されている個人のプロフィール情報(名前、連絡先情報など)を読み取ることをアプリに許可します。許可すると、アプリではユーザーの身元を特定したりプロフィール情報を第三者に転送したりできるようになります。
STICKY ブロードキャストの配信
配信が終了してもメモリに残るstickyブロードキャストの送信をアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、メモリの使用量が増えて携帯端末の動作が遅くなったり不安定になったりする恐れがあります。
アカウント リストを管理
アカウントの追加/削除、パスワードの削除などの操作の実行をアプリに許可します。
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USBストレージへの読み取りをアプリに許可します。
SMS メッセージの送信
SMSメッセージの送信をアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、ユーザーの確認を得ることなくメッセージが送信されて料金が発生する恐れがあります。
システム設定の書き込み
携帯端末にシステム設定情報の書き込みを許可します。
連絡先データの読み取り
携帯端末に保存されているすべての連絡先(アドレス)データの読み取りをアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、データが他人に送信される恐れがあります。
アカウントの認証情報を使用
認証トークンのリクエストをアプリに許可します。
同期設定の書き込み
同期設定(連絡帳アプリの同期が有効かどうかなど)の変更をアプリに許可します。
音声設定の変更
音声全般の設定(音量、転送など)の変更をアプリに許可します。
精細な位置情報(GPS)
携帯端末上で正確な現在地を特定できる情報源(GPSなど)を利用できる場合は、その情報源にアクセスします。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、ユーザーの現在地が特定される恐れに加え、電池の消費量が増える恐れがあります。
ショートカットの作成
メイン画面にアイコンを作成します。
完全なインターネット アクセス
ネットワークソケットの作成をアプリに許可します。
同期設定の読み取り
同期設定(連絡帳アプリの同期が有効かどうかなど)の読み取りをアプリに許可します。
USB ストレージのコンテンツの変更/削除、SD カードのコンテンツの変更/削除
USBストレージへの書き込みをアプリに許可します。SDカードへの書き込みをアプリに許可します。
WI-FI 状態の表示
Wi-Fiの状態に関する情報の表示をアプリに許可します。
端末のステータスと ID の読み取り
端末の電話機能へのアクセスをアプリに許可します。許可すると、アプリではこの携帯端末の電話番号やシリアル番号、通話中かどうか、通話相手の電話番号などを特定できるようになります。
ネットワーク状態の表示
すべてのネットワーク状態の表示をアプリに許可します。
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
携帯端末のおおよその現在地を特定できる情報源(セルラーネットワークデータベースなど)がある場合は、その情報源にアクセスします。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、おおまかなユーザーの現在地が特定される恐れがあります。
Bluetoothの利用
ローカルのBluetooth携帯端末の設定を表示することと、ペアの端末に接続すること/ペアの端末からの接続を受け入れることをアプリに許可します。
BIND_REMOTEVIEWS
バイブレーション制御
バイブレーションの制御をアプリに許可します。
BIND_CHOOSER_TARGET_SERVICE
UNINSTALL_SHORTCUT
タブレットのスリープの無効化 携帯端末のスリープの無効化
ブレットのスリープを無効にすることをアプリに許可します。携帯端末のスリープを無効にすることをアプリに許可します。
もっと読む

関連アプリ

基本情報