Androidアプリのセキュリティチェックはsecroid(セキュロイド)

だけどここで入れねーと スマホがスマホじゃなくなるんでィ

Google TalkBack

このアプリに潜むリスク

インストールされているアプリの一覧の送信
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
SDカードの内容を読んでいます
SDカードの読み込み
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
通知領域を利用します
通知領域にメッセージを表示します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
個別識別子を作成します。
広告用IDを利用します。
URLを生成しています
URLを生成して情報を送信又は受信します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
レシーバを登録します
    • 目的:このアプリケーションでの使用
    • 送信先:
    • 目的:このアプリで Google Inc. か開発元が使用
    • 送信先:
個別識別子を作成します。

アプリ画像

このアプリは、以下で紹介されました。

DESCRIPTION

TalkBack は視覚障害をお持ちのユーザーが端末を操作できるよう支援するユーザー補助機能サービスです。

TalkBack を使用すると、お使いの端末で音声、操作音、バイブレーションによる応答をご利用になれます。TalkBack はほとんどの Android 搭載端末にプリインストールされています。

TalkBack について詳しくは、https://support.google.com/talkback/ をご覧ください。

TalkBack を ON にするには:
1. [設定] に移動します
2. [ユーザー補助機能] を選択します

Android 4.1 以降の場合:
3. [TalkBack] をタップしてスイッチを ON にします

Android 4.0 の場合:
3. [TalkBack] をタップしてスイッチを ON にします
4. 前の画面に戻って [タッチガイド] を ON にします

Android 3.2 以前の場合:
3. [ユーザー補助機能] チェックボックスを ON にします
4. [TalkBack] チェックボックスを ON にします

もっと読む

ユーザーレビュー

平均評価:high

アクセス許可

このアプリは下記にアクセスする場合があります。

パッケージ削除ブロードキャストの送信
アプリのパッケージの削除通知を配信することをアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、実行中の他のアプリが強制終了される恐れがあります。
ユーザー補助サービスを使う
クリック、選択、通知機能で通知などを行ったアプリ名とメッセージへのアクセスを許可します。
音声設定の変更
音声全般の設定(音量、転送など)の変更をアプリに許可します。
USB ストレージのコンテンツの変更/削除、SD カードのコンテンツの変更/削除
USBストレージへの書き込みをアプリに許可します。SDカードへの書き込みをアプリに許可します。
システムレベルの警告の表示
システムの警告ウィンドウの表示をアプリに許可します。この許可を悪意のあるアプリに利用されると、画面全体が乗っ取られる恐れがあります。
ネットワーク状態の表示
すべてのネットワーク状態の表示をアプリに許可します。
完全なインターネット アクセス
ネットワークソケットの作成をアプリに許可します。
端末のステータスと ID の読み取り
端末の電話機能へのアクセスをアプリに許可します。許可すると、アプリではこの携帯端末の電話番号やシリアル番号、通話中かどうか、通話相手の電話番号などを特定できるようになります。
バイブレーション制御
バイブレーションの制御をアプリに許可します。
タブレットのスリープの無効化 携帯端末のスリープの無効化
ブレットのスリープを無効にすることをアプリに許可します。携帯端末のスリープを無効にすることをアプリに許可します。
もっと読む

関連アプリ

基本情報